仕事の生産性を高めるためには3つの考え方があります

Posted by , 2015年10月27日

作業や決定事項の標準化を図ることです

生産性を高めるためには、業務の作業や決定の基準を明示して、例外事項をできる限り無くすことです。最良の方法を現場から見つけ出して、それを絵や言葉を数字で表現して誰にでも分かるようにします。それを、従業員に覚えさして、そのとおり行動することで、例外のない習慣にさせることで標準化となります。この標準化された規格は、ある一定期間を区切って修正させなければなりません。更に、良い方法に基準を修正していくことで生産性が上がります。

特殊なものや、個性的なものは一か所にまとめること

業務の中で、特殊なものや技術を要するものは、その部分を切り離して一か所にまとめて、出来る人に行ってもらうことです。これを集中化といいます。例えば、スーパーマーケットなどで「ポップ」作成するには、文案を考えなければなりませんし、ポップ文字を描くには技術が必要です。一店ごとに、ポップ制作ができる人を育てるのではなく、できる人が一手に業務を引き受けて全店のポップ制作を行い、出来たものを配布することで生産性を高められます。

物事を単純化させることです

生産性を高めるには、すべての業務を単純化させることです。複雑な業務であっても、仕事を分割していくと作業に置き換えられ、更に動作にまで分解されるものです。業務を単純化させようとして、誰にでも理解できるところまで仕事内容を分解していくと、どうしても分解できない難しい業務が出てきます。この部分は役職の高い人に預けてしまうことです。こうすることで、仕事の分担が明確になります。そうして、業務が滞ることがなくスムーズに流れるので効率が良くなります。

ワークフローで電子化を行うことで、届出や業務を効率化して迅速な対応が出来るような環境を作りだせます。

システム共通基盤の方はこちら
read more