水道業者が呼べない!自分でトイレ詰まりを解消させる方法

Posted by , 2015年6月20日

炭酸水の泡で詰まりを解消!

トイレが夜間に詰まってしまった場合は、水道業者に連絡が付かず困ってしまいますよね。そんな時には自分で対応せざるを得ません。トイレ詰まりの原因には、配水管の中で汚物やトイレペーパーが内部にこびり付いてしまうことが多いので、通常の洗浄程度の水では流れません。そこで炭酸水の泡を利用すると、配管内の詰まりが取りやすくなりますので、市販の炭酸水を使ってみましょう。飲料用でも効果はありますので、少し勿体無い気はしますが、応急対応のためにはやむを得ませんね。また、最近は炭酸シリンダーというトイレ詰まり専用のキットも販売されていますよ

カンツールを使って解消

トイレ詰まりの原因の一つに、トイレでは流してはいけないものを流してしまい、配管内で詰まってしまうというケースも多いです。テッシュペーパーや紙おむつ、ハンカチや布おむつを誤って流してしまうというパターンがありますよね。そんな場合は炭酸水では解消しづらいので、専用工具の出番です。各種排水配管が詰まった時に長くて固いワイヤーを配水管内に通していき、物理的に詰まったものを押し込んでいくカンツールという工具が効果的ですよ。値段に関しては安くはありませんが、非常用のために備えておくのも良いでしょう。

ホースを利用して水圧で解消

炭酸水や、重曹などがなく、カンツールなどの専用工具がない場合には、一般的なホースを利用する方法もあります。トイレの近くの洗面台の蛇口にホースを接続して、ホースの出口はトイレの配水口の末端にセットします。その状態で水を全開で出すと通常の水圧よりも高くなりますので、内部の詰まりが流れやすくなりますよ。ただし、水を出してすぐに溢れてくるようだと、トイレから溢れ出ることもありますので、様子を見ながら注意して流しましょう。

水漏れを見つけたらインターネットで症状や修理方法を調べましょう。簡単な作業なら自分で修理することも可能です。