工務店は、住宅建築のスペシャリストです!!

Posted by , 2015年5月29日

新築住宅建築はお手のもの

新築住宅を建築する場合、みなさんはどのような方法をとりますか。まずは土地をすでに所有しているかどうかによって決まりますが、建築を依頼する業者は、やはり「工務店」が多いのではないでしょうか。工務店は、いわずと知れた「建築」専門に取り扱う業者です。日本の工務店の場合は、もっぱら木造軸組工法の木造住宅を取り扱っている場合が多く、例えば、鉄骨によるプレハブ工法の家を建築したい場合は、工務店ではなく、ハウスメーカーに発注します。

家の専門家なので、リフォームもおてのもの

工務店は、そもそも、「建築」「住宅」に関わることは全て専門領域だと考えていいと思います。例えば、自分で現在住んでいる「家」が経年劣化し古くなって来た場合、リフォームを検討されると思いますが、そんな時はどの業者に依頼をしますか。最近では近所のホームセンターでもリフォームの依頼が出来るようになりましたが、リフォームは専門家である工務店がおすすめです。工務店には建築のプロである大工さんが所属しているので、責任をもって施工してくれるからです。

不動産業者ではなくて工務店という選択

新築住宅を取得する際に、多くの方は、不動産業者に依頼するかもしれません。不動産業者は、新築住宅の建売を行ったり、新規の宅地分譲を行ったり、とにかく新築住宅に馴染みある業者だからです。ただ、多くの場合、不動産業者は住宅を建築する際は、下請けの工務店にアウトソーシングしていますので、結局は、新築住宅を建築する際は、工務店に直接依頼したほうが、安くて早い場合があります。中堅工務店なら、不動産部がある場合がありますので、そういった業者は効率が好いといえます。

新築工事やリフォーム工事の依頼先としては、ハウスメーカーや設計事務所、リフォーム会社などがある中、工務店に依頼する場合のメリットがあります。設計と施工の両方に長けた人材がいる場合が多く、工事中の設計変更などに柔軟に対応してもらえる点に優位性があると言えます。